松本眼科は新潟駅南口徒歩1分、けやき通り沿いにある眼科です。

img-index-logo.png
img-index-contact.png
img-index-img06.jpg
松本眼科 img-index-img07.jpg

〒950-0911
新潟市中央区笹口2-1-12
025-246-2222

img-index-img08.jpg img-index-img08.jpg
img-dry-eye-banner.jpg

img/ttl-dry-eye-title01.jpg

ttl-dry-eye-title02.jpg

 眼精疲労を感じる方が近年増加傾向にあります。症状を訴える方の6~8割は目の使い過ぎではなく、ドライ・アイが原因であると云われております。自覚症状としては目の乾燥感はもちろんですが、涙が少ないため眼表面の防御力が低下し、黒目・白目が荒れ、角膜炎・結膜炎を引き起こし、ゴロゴロ感や充血を招きます。
 また長時間に渡る運転やパソコン作業は瞬目回数の減少に伴ない目が乾燥するため、同様の症状が出現し易くなります。尚、市販の眼精疲労治療薬は目の調節をつかさどる筋肉に作用し疲労を軽減させるお薬です。点眼直後に症状が軽快し、10分ぐらい経過すると再び症状が出現する方は調節筋の疲労が原因ではなく、目の乾きに原因があると思われますので専門医の元での診察をお勧めします。

img-dry-eye-img01.jpg

 対処方法としては長時間目の表面を保湿・保護する作用がある点眼薬の使用が一般的です。また冬場は暖房により室内の湿度が下がり、症状が悪化し易いため、加湿器の使用も有効です。
 症状の著しい場合は涙の出口である涙点へのプラグの挿入や涙点そのものを閉鎖することにより涙が溜まり易い状態をつくり、症状を軽減させる治療を行う場合もあります。

img-dry-eye-img02.jpg img-dry-eye-img03.jpg
img-index-contentbg_bottom.png

トップ  |   ご挨拶  |   診療案内  |   ドライアイ  |   コンタクトレンズ  |   院内紹介

Copyright © 2013 医療法人仁明会松本眼科 All Rights Reserved.